スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにゃくコンプ
2010年01月04日 (月) | 編集 |
「この青空に約束を―」をクリアー。
青春だな~って感じで面白かった~。
・あらすじ(公式より)
本州から少し南にある離島。
坂の多い島のふもとからずっと続く石段を登りきると、
下の町や海まで一望できる高台になっており
その高台の上に主人公・星野航(ほしの・わたる)たちの通う学園がある。
しかし島の産業の大部分を占めていた大企業の工場が来年撤退することになり、
学生の数は次第に減少していた。
島にあるもう一つの高台の上に学園の旧校舎を改装した寮がある。
寮生の減少にともない現在は主人公とヒロインたちのみが住んでいるその寮は、
島の住人からは主人公のハーレムだと噂されている。
そんな寮になぜかこの時期にやってきた転校生も巻き込み、
時には反発したりしながらもドタバタと楽しい毎日を過ごしていく。


「ショコラ」「パルフェ」スタッフの次回作と言うことで期待してプレイしました。
同じ世界の話なので時間軸的には

ショコラ
 ↓ 2年半
パルフェ
 ↓ 1年半
こんにゃく

という感じになってます。
続けてプレイするとリンクネタがよくわかっていい感じ。

攻略は↓の順番でプレイしました。

凛奈→宮穂→静→沙衣里→奈緒子→海己

各キャラの印象は

凛 奈→声がいい意味でやべぇ。
宮 穂→かわいい妹的存在。
 静 →曲者、数年後の成長した姿は反則です。
沙衣里→ダメ可愛い大人も良いものです。
奈緒子→パーフェクト。良い女すぎる(笑)
海 己→主人公の正妻。その一言が全て。

奈緒子はダントツで一番好きなキャラですね。
頭が良くて芯がしっかりしていてぶれないタイプ。
かと言ってパルフェの里伽子ほどクールではなくて
茶目っ気があるからもう手に負えない。
「あたしは…、大の虫を生かすためなら、小の虫なんか、躊躇なく、殺す」
奈緒子の中にジョジョ第5部に登場するブチャラティを感じました(笑)
ただ奈緒子ルートでの言動から嫌いな人はとことん嫌なタイプかもしれません。

次点は海己。
シナリオ的にはパルフェの里伽子ポジションで裏ヒロイン。
沙衣里がダメかわいいなら海己はウザかわいい。
ゲームを進めていくうちに徐々に好感度が上がっていきました。
主人公との微妙な距離感・他キャラルートでの立ち位置が絶妙で
序盤は「お前は何がしたいんだ?」とウザく思えますが、
海己シナリオ「嵐の夜」の寮での会話で今までの言動に納得。
それにしても丸戸って人は面倒くさい女の書き方は超一流ですね(笑)。
声優さんの演技も物凄く良かったです。

特別賞で沙衣里。
ダメ教師且つダメ寮長なダメ大人。ダメ可愛さ爆発。
もう全てにおいてダメ、でもそこが良いんですよね(笑)
今作のお笑い担当はこの人で決まりでしょうね。
ちなみに「ショコラ」の裏ヒロイン・香奈子さんとは
東津本女子大で同じ研究室にいたらしいです。

今作のテーマは何になるのかな?
パルフェと同じ「家族」と言ってもいいんだろうけど
舞台設定からして「寮の絆」って感じかな~。
共同生活してるってことでどのルートでも割とみんな絡んできますしね。
パルフェは個別ルートに入ると全然出てこないキャラとかいましたから…。
この辺のどのキャラも個性を出して満遍なく絡んでくるところが
つぐみ寮のほのぼのとした雰囲気を作り出してる一因かな?

航と凛奈が騒いで。
宮穂がそれに便乗して。
静はステルス行動して。
海己がとりあえず泣く。
沙衣里は酒を飲んで愚痴って。
奈緒子はみんなを見守ってる。

卒寮までの時間は限られてことはみんな知ってるけど
泣きながら笑ってさよならが言えるように毎日を楽しむ。
こんな寮があったら入ってみたいね(笑)

クリアー後に出現するシナリオ「約束の日」。
これはもう反則級です。
何が反則かというと沙衣里のセリフ回しとラストのある出来事の順番。
特に後者なんかは今までの印象と正反対なんだからね、憎い演出。


パルフェの里伽子ルートみたいな衝撃はなかったですが
寮や島のほのぼのとした雰囲気はパルフェ以上でした。
音楽にいたってはパルフェ以上の出来です。
「風のアルペジオ」
「春を待つ少女のように」
「もうひとつの青空」
「あの時、もし君が振り返ったなら」
「約束のブーケ」
これらの曲は各場面で雰囲気を作り出すのに満点の曲ばかりでした。
特に「風のアルペジオ」は何回聞いても飽きないです。

↓風のアルペジオ [Kaze no Arpeggio] by Piano
http://www.youtube.com/watch?v=GRd5iXdUU6s&feature=related

また、主人公の航のイケメンぶりも良かったです。
個人的には大学生であるパルフェの仁よりも航のほうが
学園生特有の無鉄砲さ・未熟さがあって見てて面白かった。
やっぱり主役が頼れる奴だとヒロインになにか欠点があっても
イケメンパワーでその欠点をぶっ飛ばすことができるんですよね。
さわやかな終わり方が好きなのでこのタイプの主人公は好きです。

いや~、期待通りの出来で面白かったです。
学園青春物をやりたければとりあえずこれをやっとけと言いたいです(笑)
↓公式HPで序盤のクライマックスまで遊べるらしい体験版があるのでまずはそれから。
http://www.web-giga.com/aozora/aozora.htm
続けてフォセットの追加ショートストーリーをプレイしようと思ってます。
追加SSは評判もいいみたいなので楽しみです。

そういえばアニメ版もあるみたいなので気になるところ。
ただ評判を見てみると、
「早くアニメ化しないかな~」「いつアニメ化するんだよ~」「アニメなんてないよ」
という感想ばかりなので地雷なのかもしれない。
アニメ版の音楽をなぜかサガシリーズの伊藤賢治がやっているので気になります(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。