スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
truetears 4・5話
2010年01月20日 (水) | 編集 |
truetears 4話・5話を見た。
4話「はい、ぱちぱちってして」
5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」
4話「はい、ぱちぱちってして

3人のヒロインに対して終始微妙な態度の眞一郎君です。
比呂美とは3話ラストの出来事の件でギクシャク。
乃絵とはよくわからん関係のまま。
愛子の気持ちには全く気づかず。
「眞一郎君、もっと目をガバっと開きましょう!」
サブタイはそんな眞一郎へ向けた言葉も含まれているように思えます。

比呂美は相変わらず何かが引っ掛かって足踏みしてる感じ。

・「それだけじゃなくて、私は…」と言いかけたことは何か?
 →あれは嘘だと言いたかった?
・夜、声をかけることができず眞一郎の部屋の前で立ち尽くす比呂美 
 →誤解を解きたい。けどその一歩が踏み出せない何かがある?

眞一郎母は要所で比呂美にチクリとやるしな~、昼ドラの姑みたい。
でも洗顔フォーム歯磨きのシーンでのやりとりを見てると
この2人はなにか切欠があればガラっと好転しそうなんですけどね。
そういえば比呂美の洗顔シーンでヘアーバンドを取った時の
髪の毛の動きがなんか良かった(笑)。

最後に出てきた乃絵兄は第一声から判断すると
意外と冗談の通じる人な気がする。

5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」

いくつかわからないことが出てきました。
・海岸で比呂美にマフラーをかけられて「2度目か、でも悪くない」 
 →1回目は4話で乃絵にコートかけてもらったこと?それとも過去話?
  たぶん前者かな、乃絵と比呂美の対比にもなるし。
・比呂美が海岸で会話を途中で止めてまで帰ろうと言ったのはなぜか? 
 →眞一郎が信じているだろう自分の嘘を蒸し返したくないから?
  ただ直後に自宅前で2人が歩いてくるのをじっと見てる眞一郎母のカットが
  あるからもしかして比呂美は海岸沿いからこっちを見る眞一郎母が見えてた?
  前者だと翌日に乃絵との2度目の昼食を避けるシーンがあるからしっくりくるかな。
  乃絵と繋がるってことは自分の嘘が真実だと眞一郎に言ってるのと同じだから。
  後者だと眞一郎母が鬼姑に見えてくる(笑)。
・比呂美の部屋での眞一郎と比呂美の会話シーンで比呂美の心の声「嘘」 
 →このセリフは自分の言ったことが本当は嘘だよと言ってるってこと?
  それとも眞一郎が乃絵兄と会って来たって言ってるを嘘って言ってる?
  直前に比呂美は朋与からのこんなメールを読んでるんですよね。
  「というわけであんなおんぶ野郎は無視しちゃお、何々~」
  以下根拠もない勝手な予想。
  踊りの稽古場に朋与の家族or知り合いがいて乃絵が来ていたのを聞いた。
  それを聞いた比呂美は深読みしたんじゃないだろうか。
  眞一郎が乃絵に「お兄さんは湯浅比呂美のことどう思ってる?」と
  聞いたんじゃないか?、と。
  だからサブタイにもなってる「おせっかいな男の子ってバカみたい」って言った。
  これなら直後の3回も言うセリフに重みが出るような気がするんですよね。
  「そんなこと言うためにこの部屋に入ったの?」
  1回目は声に出してそっけなくつぶやくように。
  2回目は心の中で感情を出した少し声を荒げるような感じで。
  3回目も心の中で今度は少し恨み節の感じられるトーンで。
  住まわせてもらっている比呂美にとって自室はある種聖域なんでしょうね。
  そこに初めて入れたのに聞きたくもないこと言われたら恨み節にもなるか…。

たこウィンナーの件も面白かった。本当は赤くないから嘘つき。
嘘をついてる比呂美の弁当にたこウィンナーが入ってたり
眞一郎の稽古場にウィンナー弁当を持っていく乃絵の心境。
「てめ~、昨日稽古だって言ったよな~」って言いたいんでしょうね(笑)。

あとは乃絵の稽古場での言葉に至った経緯がちょっとまだわかんないかな~。  
どっかに伏線ありそうだから見返したほうがいいのかな?
正直、比呂美メインになりつつあるから他2人の存在感が薄くなってきてます(笑)
      
あと8話あるから今後が楽しみだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。