スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
truetears 8・9話
2010年01月23日 (土) | 編集 |
truetears 8話・9話を見た。
8話「雪が降っていない街」
9話「なかなか飛べないね…」
8話「雪が降っていない街」

愛子に対する眞一郎の態度がちょっとひどいですね。
拒否するにしてももっと別の言い方を探しなさいよ(笑)。

乃絵さんは相変わらずのマイペース。
眞一郎が雷轟丸とぢべたの絵本を書いていることを知って大喜び。
ここにきて乃絵の意識しないかわいさが際立ってます。
比呂美はそんな2人が楽しそうに下校する姿を見て浮かない顔。

その夜、机で転寝する比呂美は2人が見つめ合っている夢を見る。
幼少期の比呂美が「おいてかないで…」×2と泣いているシーンが入ります。
そして今度は今の声で「おいてかないで…」とセリフが入って、
ハっとして涙をこぼしながら目を覚ます。
あのお祭りの日の出来事は比呂美の中で大きな事だったんでしょうね。
3話?で眞一郎に話を振られた時は憶えてないって言ってたのに
夢に出るほど心に残ってて眞一郎をあきらめられないようです。
「わたし…」とポツりとつぶやいて見る側を楽しませてくれます。

学校で眞一郎&乃絵と乃絵兄&比呂美が鉢合わせしたシーンは
比呂美の抑えきれない嫉妬が出てきました。
出かける前に自分が眞一郎母に言われた事と同じ事を乃絵に言います。
「そんな無邪気な顔で簡単に眞一郎の気持ち掴んじゃうのね、すごいわ」
たぶん眞一郎って呼び捨てにしたのは初めてだと思います。
(眞一郎君、仲上君って呼んでいたはず)
意識せずに声に出してしまったところに彼女の本音が窺えます。
ここまで見てきて思ったのは比呂美って言動が生々しいんですよ。
極端な性格でも突飛な行動をとるわけでもなく、
ある程度予測できて理由を知れば納得できるような言動。
誰しも実生活でしたこと聞いたことがあるようなことが多い。
だからこそ妙に現実感が漂ってくるんですよね~。
たぶん比呂美の心情をいろいろ推測してる人ほど
このキャラに生々しさを感じるんではないでしょうか?


9話「なかなか飛べないね…」

いきなり事故るな、しかも無傷。
自分のわがままが原因で乃絵兄のバイクが燃えてるのに
「なんか綺麗」って言う比呂美の呑気さが笑える。
乃絵兄のことなんかこれっぽっちも考えちゃいないな(笑)。
しばらくしてタクシーで追ってきた眞一郎と乃絵が合流。
躊躇なく比呂美を抱きしめる眞一郎君。
人間、緊急時には素が出ますよね。
この時の比呂美の表情がたまらなく良い顔してます。

帰宅後、即座に眞一郎母が比呂美を彼女の部屋に連れ込む。
比呂美のマフラー、コートを脱がせながら一言。
「そんなこと、あるわけないじゃない」
ハッとする比呂美さん。たぶんこの時点ではまだ混乱してる。
すぐに眞一郎が入ってきて母を問い詰める。
すると比呂美は「私、疲れちゃった、何々~」と言って服を脱ぎ始める。
仕方なく部屋を出る眞一郎。
少し目を合わせた後、2人で比呂美の着替えを続ける。

この一連のシーンは好きです。※
眞一郎母の言葉の意味を知りたくて即座に眞一郎を
部屋から追い出す手段をとった比呂美の機転が素晴らしい。
心の中は困惑してるだろうにあの冷静さ、敵には回したくない(笑)。
2人になって着替えを続けるシーンもちょっといい感じでした。
着替えを手伝うって家族間の行為って見方も出来ますしね。

乃絵はほったらかしにされています。
鶏小屋前の雪に埋もれてしまった石文字を必死で探す姿が悲しい。
会いにきた眞一郎には「絵本の続きができたから」と言われる始末。
そんな眞一郎の心を見透かしたように自ら眞一郎の前から去ります。
乃絵は酔狂な言動をとるけど大事な部分はよく見えてるみたいです。
今回のことは眞一郎が全面的に悪い気がするしかわいそうだな。
海岸線で眞一郎の鼻の傷を触るシーンがあるけど
あれは何を伝えたい演出なのかがまだわからない…。

停学になった比呂美は眞一郎が学校へ行く時間でもまだ布団の中。
眞一郎は比呂美に聞こえているかはわからないけど「行って来ます」。
枕の上の比呂美の横顔にすっと涙が流れ落ちます。
「おいてかないで」が脳内再生されました。

比呂美の学校での親子面談後。
※の推測は間違っていたみたいです。
後半の比呂美と眞一郎母の会話シーンで嘘を告白してるので
事故当日の着替えの時には比呂美に話してはいなかったみたいです。
とするとあの時の比呂美の行動は単に混乱していて眞一郎の話を
聞く余裕がなかっただけなのかな?
比呂美の表情からして推測はできたけど確証は得ていないってところか。
ただ眞一郎母から真実を聞いた時の反応もなんかパっとしない感じ。
まあ比呂美さんっぽいと言ったら比呂美さんっぽいけどね(笑)。
あまり顔色を変えない性格だからうろたえたら逆に変だ。
でも真実を知った後の比呂美の瞳は透明さが戻ったように見えます。
障害のなくなった比呂美がどう動いてくるのか楽しみだな~。

眞一郎母は比呂美母に何か悪い印象を持ってるみたい。
あんな嘘をつくくらいなので過去に眞一郎父と何かあったんだろうね。
比呂美としばらく一緒に暮らしてきて考えを改めたんでしょうか?
その辺のことも後々出てくるとスッキリするな~。

ラストカットは布団の中で枕に顔を埋めている乃絵さん。
ちょっと不憫すぎるのでどうにかして欲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。