スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイオ5クリアー
2009年03月16日 (月) | 編集 |
昨日まででバイオ5の難易度ノーマル&ベテランをクリアーしました。
フレンドとちょこっと難易度プロをやってみたんですが、敵の攻撃のダメージが大きいこと意外はそれほど変わりがないのかな~という印象です。
ただ、チャプター5-3のラストの某敵キャラは即死級の攻撃が多いのでCOOPでやらないと無理っぽい気がします。
リアフレが某敵キャラの銃撃をくらった時の叫び「ウイングゼロみたいなことやるなよ、おい!」が非常にツボでした。確かにローリングしてたよ(笑)。
難易度プロだと死にやすいこともあって、難易度プロ&弾薬無限不許可でCOOPが一番面白そうな予感がします。

クリアーした感想としては、
「目新しさは感じないけど十分面白い」
と思いました。

バイオシリーズは弾丸の残りを計算しながら戦ったり敵の弱点を探しながら戦うのが楽しいと思ってます。
今作はシェバが使いまくってくれることもあって弾薬の数がカツカツになりやすいので
危険だけど近づいてショットガンで大ダメージを狙ったり、ハンドガンでよろけさせて体術で倒したり、
有効なグレネード弾を探してみたりとバイオ4と同じような楽しみ方ができました。リッカーさんを凍らせると楽しいよ(笑)。
この辺の要素はCOOPができるようになったことで楽しさが倍増しましたね。
一人が前進してもう一人後ろからついて援護と索敵、結構音もなく近づいてきたり上から跳んでくる敵がいたりするので
自分の死角をカバーしてくれるパートナーがいると非常に助かります。


一般的なFPS・TPSのように有り余る弾で相手を撃ちまくるような戦い方が好きな人にはちょっとあわないかもしれません。
試しにライフルを無限弾にしてプレイしてみたんですが、インベーダーゲームのように相手が接近してくる前に倒すようなプレイになってしまって大味かつ単調なゲームになってしまいました。
バイオは敵のリアクション(回避アクションだったりよろけアクション)を見るのも楽しかったりするので、近中距離で相手の反応を見ながらプレイするとより楽しめると思いますね。
そう考えるとバイオ5にF.E.A.R.シリーズの敵AIが搭載されていたらすごかっただろうなと思います。
死角の多い高低差のあるマップが多いので、敵AIが優秀であればあるほどマップが活きただろうな~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。