スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学園黙示録 ACT.4
2010年07月27日 (火) | 編集 |
学園黙示録HOTD ACT.4 「Running in the DEAD」
早くも半総集編でした…。ちょっと勢いがなくなってきたかな。
孝の覚悟は”男”でした。
バイクで移動する孝・麗組と渋滞にハマるバス組。
それほど大きな展開はない感じかな~。

・渋滞に巻き込まれるバス
全く進めていない様子。平野のお腹が鳴っています。
紫藤の変な角度からの顔出しが笑えました。
お前は淵かよっ!と思っちゃいましたね。
あんな感じのカットがあった気がします。

・拳銃ゲット!
パトカー内の死亡警官から拳銃1丁と弾丸を入手。
バイオだったら拳銃を取った瞬間に襲われてる(笑)。
意外とお決まりのパターンをやってこないところもありますね。
麗は父親の関係で拳銃の扱いには手馴れてる様子。
血に強いのはまあ女性ですからね…。

・ガソリンスタンドで一悶着
麗の一言で孝が怒鳴ります。
「最低」の一言でここまで推測できる洞察力に驚きます。
というか麗も財布を持ってないくせによく言えたな。
絶対こいつは割り勘を許さないタイプと見た。
毒島先輩なら「これを使え」と言ってくれそうだよな~。

さ~て、ここでわかりやすい怪しい男が登場!
壊れているのに「ばあちゃん」「小学生の妹」って言ってることから
見た目と裏腹に家族想いの良い奴だったんでしょうね。
その絶望感からこのような行動に走ったのかな。
まあモブキャラだからその辺はどうでもいいですけど…。
それよりこいつが麗を弄ぶ様がエロすぎるだろ(笑)。
最近のアニメはこっち方面の進化スピードが段違いですね。

麗を人質に取られて仕方なく指示に従う孝。
バットをわざと放り投げてトラップを仕掛けます。
こういうさりげなく知的な行動はカッコイイですね。
「お前が○○していた時に既に勝負はついていた」的な。
ところがゾンビ達は一向にスタンドに集まってきません。
こんなに遅いなら脅威なんてもうないんじゃないかと思えます。
仕方なく直接対決に打って出る孝。ここが今回のハイライト

『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わっているんだッ!


↑の言葉を孝に捧げます。プロシュート兄貴が降臨(笑)。
ヤルときはヤル、という凄みがありますね、孝君は。
迷いなく銃口を突きつけた動きは熟練兵のようだった。
今回の発砲で孝の中での麗の重要性がわかってきました。
これまでは孝が何を考えているのかイマイチわからなかったんですけど
麗を助けるためだったら何でもするという考えなんですね。
助けられた麗のほうはどんな気持ちなんだろ?
特に抱きついたりしていなかったのがちょっと気になりました。

そして今回一番の表情の登場です。
助けを求める男を見下ろす麗さんの表情が最高すぎる(笑)。
「そのまま死ね」とか言ってくれたらもっと良かったのに…。
最近は麗の他人を蔑む顔を見るのが毎回楽しみです

次回は変なバイク女が登場?
セルティ並みのドライビングテクニックを期待。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
死者の国へようこそ―
2010/07/27(Tue) 00:26:42 |  wendyの旅路
総集編ェ・・・
2010/07/27(Tue) 00:49:00 |  カザミドリ♪
蝕まれる精神。
2010/07/27(Tue) 01:28:15 |  ミナモノカガミ
第4話 『Running in the DEAD』 本編の5割方が『総集編』っと。 Aパートは今回の本編のカットを交えながらも殆どが『総集編』の内容。孝の独白が...
2010/07/27(Tue) 01:36:06 |  どっかの天魔BLOG
「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」の第4話。 富士見書房特設サイトはこちら。 Aパートはほぼ制作調整いままでのまとめと回想。 紫藤の登場...
2010/07/27(Tue) 01:48:34 |  ゆる本 blog
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT04『Running in the DEAD』
2010/07/27(Tue) 06:02:46 |  本隆侍照久の館
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (角川コミックス ドラゴンJr. 104-2)(2007/04/01)不明商品詳細を見る Aパートはほぼ総集編で占められていました。第4...
2010/07/27(Tue) 07:53:11 |  破滅の闇日記
ストーリーは全く進まなかったけど、Bパートはよかった。見るからに柔らかそうなおっぱいの質感と、井上麻里奈のちょっとした喘ぎ声がw てか今回の見所ってそこだけでしょ? Aパートなんて殆ど総集編だったし・・・・・・あまり意味のある1話ではないですよね。
2010/07/27(Tue) 08:04:32 |  よう来なさった!
街に生存者はほとんどいないかと思っていたのですが、バス組の方では渋滞になるほど混雑していました。避難場所とか設定してくれているので...
2010/07/27(Tue) 08:28:03 |  隠者のエピタフ
ここはもう、死者の国だ――。 ファーストシーンとラストシーンが同じって構成はカッコイイね。 橋の上をバイクで走る孝と麗。 その上を戦...
2010/07/27(Tue) 09:24:39 |  SERA@らくblog
女を盗まれるよりはマシだ!というわけで、「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」4話所持金30円の巻。えー総集編かよ、と思ったらちょっとだけでした。ホッ。短いけど構成がよくて見応えあっ...
2010/07/27(Tue) 09:41:39 |  アニメ徒然草
4話にして、まさかの総集編疑惑がたったものの一応、本編もほんの少し進行ありといったところでしょうか?ただ、原作のストック的にこういう尺稼ぎをやらざるを得ないのもまた事実...
2010/07/27(Tue) 09:55:24 |  インドアさんいらっしゃ~い♪
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話「Running in the DEAD」 脚本:高橋龍也 絵コンテ:荒木哲朗 演出:市村徹夫 作画監督:小谷杏子 総作画監...
2010/07/27(Tue) 10:47:18 |  Welcome to our adolescence.
前半まさかの総集編 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1(2007/03)佐藤 大輔商品詳細を見る学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD #04 Running in the DEAD
2010/07/27(Tue) 14:11:20 |  HISASHI'S ver1.34
[関連リンク]http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/ACT4 Running in the DEADいきなりこれまでの回想がもう総集編かと思ったら意外に早く終了ってなんか原作と時間経過おかしくね?助けを求...
2010/07/27(Tue) 18:35:55 |  まぐ風呂
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 「Running in the DEAD」 見ましたよ~ということで、いつもの如く感想をば いや~今回始まった~と思...
2010/07/27(Tue) 19:59:26 |  なんだかんだで漫画好き
「終わりが始まってからたった一日で  僕は 一人の人間を死に追いやったのだ」 死者の国と化した街――! 敵は<奴ら>だけとは限らないよう...
2010/07/27(Tue) 21:49:09 |  WONDER TIME
学園の外も危険がいっぱい! なんか半分くらい総集編でしたw ゾンビだらけになっちゃった学園から脱出して、緊張の糸が解けたのか笑顔す...
2010/07/28(Wed) 07:42:08 |  空色きゃんでぃ
前半が総集編 だったわけで、まさか4話でもうくるとは思いませんでしたw 制作が大変なのかも知れませんね。 ED毎回違う写真を加えてるし...
2010/07/28(Wed) 07:43:41 |  隠れオタん家
学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD 第4話「RunningintheDEAD」全てが終わってしまった前夜、僕は夜更かしをした---仲間と離れ行動する事になってしまった孝と麗突然起こってしまったZ-Da...
2010/07/29(Thu) 19:22:16 |  SOLILOQUY
大門ダヨ 今回の内容は特に進展なし、でしたね 今回思ったのが・・・ バスに残った藤美学園の教員の紫藤 浩一が うぜぇ~ 怯える女子生...
2010/07/30(Fri) 23:22:27 |  バカとヲタクと妄想獣
逆鱗を持っているのは青銅闘士だけではありません。突起物が神経過敏なのは生物学の基本中の基本です。 例外はアホ毛くらいでしょうか。あ...
2010/08/07(Sat) 15:25:54 |  Anime in my life 1号店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。