スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年総評(アニメ)
2010年12月29日 (水) | 編集 |
かつてないほどに沢山のアニメを見た1年でした。
年末だし折角だから視聴した作品を振り返ってみる。
最後まで見た(予定含む)作品は下記の26作品。
よくもこんなに沢山の作品を見たものだと思った。
どうりでプレイしたゲームの本数が減ってるわけです。
今年分だけで去年までに見た総数と同じくらいの数かもしれない(笑)。
過去作もCS放送等で数作見てますけどややこしくなるので除外しておきます。

2010年1月期
とある科学の超電磁砲、はなまる幼稚園、デュラララ!!、れでぃ×ばと!
2010年4月期
会長はメイド様!、WORKING!!、荒川UTB、GIANT KILLING、
閃光のナイトレイド、けいおん!!、Angel Beats!
2010年7月期
屍鬼、伝説の勇者の伝説、世紀末オカルト学院、アマガミSS、
生徒会役員共、ストライクウィッチーズ2、学園黙示録HOTD
2010年10月期
侵略!イカ娘、そらのおとしものf、もっと To LOVEる、
ヨスガノソラ、それでも町は廻っている、俺の妹がこんなに可愛いわけがない
映画
イヴの時間 劇場版、東のエデン 劇場版

何か傾向があるかと思ったらそうでもないような(笑)。
まあお色気描写のある作品は毎期見てる気もするけど、
そういったタイプの作品が多かったからだと言い訳しておきます。
さて、早速気に入った作品とキャラを選んでいこう。

・最優秀作品

イブの時間 劇場版

独特なカメラワークと綺麗な映像。
”心の機敏”を感じさせる心情描写。
喫茶店「イブの時間」で会話しているシーンが多いのですが
何気ない会話の”間”が絶妙で雰囲気がとても良い。
”人とロボット”というテーマを通じて他人との関わり方を考えさせられます。
普段アニメを見ない人にもお勧めできる作品だと思います。
パッケージを滅多に買わない私がBD版を購入しちゃったくらいなので
文句なしに今年No.1の作品です。

次点

けいおん!!
なんだかんだで日常萌え作品としては最高峰の出来。
キャラの細かな仕草だけを見ていても楽しめました。
ついつい「あるある」と言いたくなるような動きが満載。
話題性No.1の作品でした。

アマガミSS
各ヒロインを満遍なく魅力的に見せて且つ終始飽きさせなかった。
男性主人公の”変態紳士プレイ”というのが新鮮でした。
ゲームの販促としても全く文句のない出来だと思います。

屍鬼
規制ギリギリかと思うようなグロ描写。
状況によってガラリと変わってしまう人間の怖さ。
視覚的にも心理的も十分なホラー物でした。
特に中盤からの展開には翌週が待ち遠しくなるほどでした。

・最優秀キャラクター

鮎沢美咲(会長はメイド様!)

このキャラを見るためにメイド様を2クール見続けたといってもいいです。
碓氷のからかいにいちいちムキになる姿が微笑ましかった。
最終回で最大級のデレを見せてくれたのも印象に残りました。
CVの藤村さんもハマリ役。
このキャラのような18歳前後で標準体型のツンデレをやらせたら
藤村歩さんの右に出る者はいないんじゃないかと思ってしまった。

次点

神代マヤ(世紀末オカルト学院)
徐々に周りに心を開いて柔らかくなっていったのが印象的でした。
表情の変化が本当に多彩で面白かった。
あ、それと魅惑のフトモモと絶対パンチラしなかったのもグッド。

中野梓(けいおん!!)
終盤は梓の1人勝ち状態で梓株が急上昇しました。
彼女は他キャラより段違いで成長したように思います。
もう3年生組がいなくてもやっていけるでしょ(笑)。

桜井智樹(そらのおとしものf)
その優しさと懐の深さはハンパなかった。
普段は変態キャラ全開でも真面目な場面では一転してイケメン。
こういう奴こそ”いい男”と言えるんでしょうね。


イヴの時間は「繰り返し見たい」と思わせた唯一の作品でした。
まあ映画だから一気に見やすいってのもありますけどね。
過去作も候補に含めるならば1月に見たtruetearsが同等レベル。
BD版は出てるのかな?と調べた時には既に遅かった…。
次点は割りと適当に挙げてみました(笑)。
最終話まで飽きずに見続けられた作品という括りならば、
WORKING!!、オカルト、そらおとf、To Loveる、とかも入ってきます。
頭空っぽにして楽しめるラブコメが意外と好きなことがわかりました。
途中で見るのを止めた作品も何作品かありますけど終わってみれば
1年間ずっと何かしらの作品でアニメを楽しめたなと思います。
来年も繰り返し見たいと思わせるような作品に出会えることを期待したいです。

最後に、
今年一番心に残ったアニメ映像はなんだろうな?と考えてみたら
なぜか最初に浮かんだのは”アストレアのどや顔”でした。
そらおと劇場版は必ず見に行けという神のお告げと受け取りました…。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。