スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある魔術の禁書目録II #16
2011年01月29日 (土) | 編集 |
とある魔術の禁書目録II #16 「刻限のロザリオ」
上条さんが無双化しつつありますね。
シスター部隊は”魔滅の声”で鎮圧すればいいのに…。
前回で個人的に視聴する意欲がかなり減退してしまいましたが
見方を変えるという方法でカバーしていこうかなと思います。
解説見るのが面倒なので固有名詞の意味とかはスルー。

・気まぐれ幻想殺し
さて、今回はやたら上条さんの右手が活躍していたわけですが
”氷の船の部分消去”が可能だったことに驚きました。
最初は扉等の個体だけなのかと思ったけど普通に壁を消してました。
それどころかピアージオとのバトルシーンで尻もちをついた時には
意図せず触れた床も消しちゃっていた。
でも直後に前転した時には右手を床についているのに床が消えない。
そういえばアンジェレネ達を助けた時も右手で扉を開けてたような…。
これってどういうことなんでしょうかね?
上条さんって能力の発動オンオフって出来ましたっけ?
アニェーゼを素っ裸にしたり、寝てる状態でもアンジェレネ達を素っ裸にしたみたいなので常時発動してるものだと認識してましたけど。
幻想殺しの発動があまりにも都合が良すぎると思うのですが…。
主人公の能力ですのであまり適当だとなんでもありになってしまいます。
それとも明かされてない秘密があるんでしょうかね。

・黒幕的な存在と今後
今回の旅行にはアレイスターやローラが関わってると予想してたのですが、
特に彼らの登場シーンとかはなかったです。
その代わりに土御門と神裂がちょろっと出てきてましたから
あの上層部2人も関わっているのは確かでしょう。
いざとなったら神裂に助っ人させるという手筈だったのかも。
なぜか学園都市のカエル先生に状況が伝わってもいましたからね
まあ今回の介入で上条さんはローマ正教側から危険人物としてリストアップされたわけですから、今後は彼自身を狙ってくるパターンが描かれるのかな?
これまでのような手助けという甘い立場ではなくなりそうです。
かなりキレてそうな新キャラには大いに期待したいな。
”説教してる余裕”がなくなるくらい追い詰めてもらいたい。
あっさり負けそうな予感がするけどさ…。


次回は上条さんの罰ゲ~ム。
御坂美琴とのイチャイチャが見られそうで楽しみです。
ちょっと頑張って背伸びしちゃったような美琴が見れたりするのかな?
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。