スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある魔術の禁書目録II #18
2011年02月12日 (土) | 編集 |
とある魔術の禁書目録II #18 「検体番号(シリアルナンバー)」
いよいよ主役交代といった感じになってきました(笑)。
打ち止めちゃんのSEが可愛すぎる。
前回に引き続き日常回、時間軸的にも前回の続き。

前半はサービス満載ラブコメ風味。
ローラと神崎のサービスシーンは非常によろしい。
特にローラは異様なエロさが漂ってました。
そこに反応しないとはさすがステイル14歳、お子ちゃまです。
下着の違いで各キャラの違いを考えるとちょっと面白かった。
若干18歳の神裂ねーちん、”貫禄の下着なし(笑)”
2期での神裂は完全にお色気要員となっております。
シスターズは話し方が特徴的なので絡みが面白いな~。
段々と説明セリフが毒舌になってるし。
個体差設定でどんなミサカも作れそうだから、
ツンデレ、クーデレ、ヤンデレ、何でもござれだ。
タチコマを超える可愛さ、それがシスターズ。

後半は一方通行のターン。
平和的な日常描写の中で少しシリアスだったのが
一方通行さんと黄泉川の電話での会話。
この2人は過去に意外な接点があったようです。
レベル5とはいえまだ学生の一通さんに対して
似た罪を持つ先輩といった感じで語りかけていました。
死者への謝罪って一番辛いと思うんですよね。
相手が既にいないから正しい答えが見つからない。
たぶん何をしても自己満足だと思ってしまう。
それでも何か行動を起こさないと何も変わらない。
後悔なんて誰にでもあるからこの会話はグっときた。
贖罪行為の先輩である黄泉川が近くにいることは、
一通さんにとってかなり大きなことのように思えます。
悪態をついてても心の底では安心感が生まれているはず。
今回の電話の時もそうですけど黄泉川だったら
一通さんの心を汲み取って助言してくれそうです。
黄泉川に一通さんを預けた桔梗さんナイス。
頼れる大人キャラが出てくると一気に面白くなるわ~。


今回は新しい一方通行さんがスタートを切る回といった感じでした。
彼の回想での後悔がこれからの行動の原点になるのであれば
まさしくダークヒーローとして活躍してくれそうです。
もう私の中では完全に上条から主役の座を奪ってくれましたよ(笑)。
彼が贖罪をどんな行動で示していくのか。
一通さんのこれからの活躍が楽しみで仕方がない。
一通さんが打ち止めの名前を叫ぶシーンも良かったな~。
今回は2人が互いのことをどれだけ大切に思っているかが
よく理解できた回でもありましたね。 
2人並んで帰っていく後姿が微笑ましかったです。
 
次回はOPに出てた新キャラが登場?
一通さんのバトルが見たいです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。