スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある魔術の禁書目録II #19
2011年02月19日 (土) | 編集 |
とある魔術の禁書目録II #19 「木原数多(けんきゅうしゃ)」
イカれた野郎達が一斉に登場。
ミーシャが何者か全く覚えてません(笑)。
イっちゃってる人が3人も登場してくれました。

1人は一方通行
ここ数話は”良い人オーラ”を醸し出してましたけど
今回のキレっぷりは昔の彼を思い出すには十分なギャップでした。
守るものが出来た割には派手に戦ってたな~。
そんなに簡単に人は変われないって事ですか。
それでも最後の力を振り絞って打ち止めを逃がしたってところで
彼の変化をわかりやすく表現してましたね。

お次は新キャラの木原君
冷静にイカれてる奴ほど怖いものはないね。
藤原さんの淡々と話す演技が実にイイ!
同族嫌悪?な一通さんとの煽り合いはまた見たいな。
”木原”といえばレールガンでも出てきてましたね。
顔芸のすごかった人が木原なんちゃらの孫だったかな?
学園都市の暗部での権力者一族って感じなのでしょうね。

最後はローマ清教のヴェントさん
顔中のピアスからしてヤバイ奴だとわかりますね(笑)。
能力的なことはまだサッパリわかりませんが
アンチスキルだけがバタバタと倒れた所を見ると
通信に何か魔術的なことを流したのかもしれません。
上条さんはなんともなかったですし。
まあ能力は後々わかるでしょうから置いておいて、
このキャラは”幻想殺し”を知っているという点がミソ。
能力が知られている=初見殺しがしにくい、ですから。
これで苦戦して成長する上条さんの姿が見れるかな?

新キャラ登場でストーリーが進み始めました。
上条さんの登場が少ないほど面白い気がする。
イタリア編が嘘のように面白くなってきたと感じてます。
来週が楽しみ。

アバンの新キャラは声がエロイ…。
聞いたことあるな~と思ったらガンダムOOのスメラギさんだった。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サーシャはロシア成教の「殲滅白書」(幽霊、魂、お化け退治専門)所属の魔術師です

一期の「入れ替わり事件」でその体には天使「神の力(ガブリエル)」が入っていました
そのとき彼が名乗っていた名前が、天使「神の如き者(ミカエル)」の別称「ミーシャ」です(この不自然さはかなり後の伏線です)

現在彼女はその影響で、天使並の容量の「天使の力」(魔術を行使するために源である天使から借りる力)を有していた痕跡があります
普通人間の体にそれだけの量を封入した場合、文字通り破裂してしまいます(神裂達聖人ですら体は人間なので、質は大丈夫でも量は変わりません)

彼女は事件を知りませんから、唯一信頼できる上司(変態だけどww)と今その原因を調査中です
2011/02/19(Sat) 22:02 | URL  | mari #-[ 編集]
>mariさん
詳しい解説ありがとうございます。
ここでまたサーシャを出してきたということは今後も登場してきそうですね。
上司が学園都市のことを調べてると言っていたので、事件の真相を知っている上条さんとの絡みがあるのかな。
実はあの変態上司の方に目がいってしまっていて「サーシャ」と呼ばれていたことに気づいてませんでした(笑)。
2011/02/20(Sun) 22:34 | URL  | ライカ #n4i5fcLA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。