スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある魔術の禁書目録II #22
2011年03月15日 (火) | 編集 |
とある魔術の禁書目録II #22 「天罰術式」
この初見さんお断り感はある意味禁書の魅力かもしれない。
ブログを更新する気にならないので短めに…。
今回で一区切りついたのかな?

・上条vsヴェント
期待していた面白い戦いが見れなくて残念。
上条の能力を知っている敵との勝負の駆け引きが見れると思ったのだけど。
なんでバカの一つ覚えみたいに延々と魔術で攻撃するんだろう。
魔術をかき消されて止まってる所にグーパンはもう見飽きました。
仮にも上位クラスの魔術師なら別の手を使ってもいいのに。
風斬が雪みたいなものを降らせていたのも意味がよくわからなかったな~。

・一方通行vs木原数多
こちらは制限のあるバトルでなかなか面白かった。
一通さんてバッテリーが切れても一応動けるんですね…。
てっきり全く動けないものだと思ってました。
言葉を理解できず本能のままに動いて抵抗する一通さん。
そんな姿を見せられては木原が恐怖心を抱くのも当然でしょう。
もうこの時点で精神的に負けてます。
”バッテリーの切れた一通さん”のデータはなかったようですね。
どこか科学者らしいやられっぷりな最後でした。


久々に”わけがわからないよ”な展開が多かったです(笑)。
なんか3期もやりそうな感じですね~。

おっと、書いている途中で地震がきた…。
あまり多く書く気にもなれないのでこのへんで終了。
 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。