スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第2話
2011年04月13日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第2話「復讐するは、まかないにあり」
まかないって聞くとなぜか美味しそうに聞こえる。
敷居を踏まないのって常識だと思うのですが…違うのかな?
食堂?の掲示板を見る限り平日20~30、土曜がその3倍くらいの客数みたい。
もっと小規模の旅館だと思っていたのでちょっと意外。
あの人数でやっていけるものなんでしょうかね?

・仲居修行
菜子の指導(とは言えなさそう…)の下でスタート。
ぶっちゃけ緒花っていい感じの新人ですよね。
若干ハンドル操作がおかしいけどキッチリ質問してくるし積極性もある。
菜子のほうがよほどヤバい匂いがしますよ。
出来ないことでも言い出せなくて承諾しそうだ。
でも新人なのに”他人に頼らない”のは大きな間違い。
まずはその世界のルールを聞いて覚えないとね。
ルールがわかってない段階で正しい判断は出来ません。

・気持ちを伝え合うこと
なかなか打ち解けられない緒花と民子・菜子。
相手の気持ちを受け止めようとせず一方通行の会話で
なんだかとても高校生らしくて未熟な感じです。
緒花が女将とは意見を言い合えているのとは対照的。
ベタな展開だと事件発生→仕方なく協力→和解ってとこだけど
緒花のバイタリティがそうはさせませんでしたね。
”嫌いな食べ物をわざと相手に出して強制選択”
相手の気持ちを(半ば強制的に)自分に伝えさせる。
強引だけど気持ちのキャッチボールが一応成立しそうかな?
メソメソ悩まずに前進前進、緒花の行動には感服です(笑)。
親が親だけに自ら動く逞しさも持ってるみたいですね。
注目の返球まかないシーンは次回冒頭にでも入るのかな?
緒花の嫌いなものが入っているかどうかにも注目したいな~。
喧嘩両成敗ってことでね、見た感じ茄子あたりが有力なのかな?
菜子は食べそうだけど民子はあからさまに残しそうだ(笑)。
まあ民子が仲良くなるのはまだ早い気もするからいいか。

・宮岸徹
なんかフラっと他部署に行った時に「最近どうよ?」って感じで
自然に声をかけてくれそうな先輩ですね。
そういう気さくな先輩って実はすごくありがたい存在
他部門なだけにちょっとしたグチや相談なんかをできたりしますからね。
この宮岸もそんな感じのキャラになるのかな?
まかないの礼と気分転換をさせるために買出しに誘うなんて心憎いわ~。
鈍感キャラっぽいのはお約束ですかね(笑)。
民子が色々と勘違いするシーンが100%あるでしょうね~。
今作のイケメン枠はコイツだな。


”人に頼るな、自分だけを信じろ”という緒花母の教え。
緒花に友達が全然いない原因がよ~くわかりました(笑)。
幼少からこんなこと言われてりゃ友達作りなんてしないでしょうね。
経験を伝えるのはいいけど経緯を省略するなよ…。
私はどちらかといえば頼れるなら頼っちまえという考えなので
緒花母とは逆の考えになるのかもしれないな~。
やっぱ一人は寂しいですよ(笑)。
だから今回の緒花の心変わりはとてもうれしかったり。
自分だけを信じて人に頼ってみるのもいいじゃない。
きっと人を見る目が養われると思いますよ。
緒花さんのそういった部分での成長も期待してみたいと思います。

ところでホビロンってなんだろう(笑)。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。