スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第3話
2011年04月20日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第3話「ホビロン」
緒花のビンタは女将直伝、かなり効いたでしょうね。
菜子が回転飛び込みをするとは思いませんでした(笑)。
今回は火曜サスペンス劇場のラスト30分のような流れでした。
女将と豆爺はどうやって崖までやってきたんでしょうね(笑)。

さて。
緒花の対する印象が少~し変わりました。
これまでは出来る子認定をしていましたが
”実はアホなんじゃないか?”と思えてきました。
というのも嫌いな物を食べさせるという緒花の行為は
相手との気持ちのやり取りが目的なのだと思っていました。
(知り合ったばかりの相手では意図が伝わらないでしょうが…)
ところが民子にほうれん草を食べさせた後の緒花の反応は
仕返し成功!みたいな喜び方だったんですよね。
意外と精神年齢が幼いのかな?と思ってしまった。
私の感じ方がおかしかったのかもしれませんが少々ガックリきました。
それと小さいことなんですけど、緒花が取り分けたおわんから
ほうれん草がはみ出していたのも個人的に評価を下げるシーンでした。
細かいことに気を使えないという印象を持ってしまいます…。

”輝きたい”という緒花の気持ち。
これまた抽象的な表現ですね(笑)。
輝くためにはどうしたらいいんでしょう?
前向きな気持ち、人に好かれる人間性ってところかな。
前者は既に会得済みだけど問題は後者。
なにせ他人との関係に無頓着だった緒花ですからね。
まずはKY行動をどうにかしないことには…。
結局は相手のことを考えられるかどうかなんでしょうけどね~。
その辺が今後の見所の1つになってくるのかな。
それにしても現状の緒花を見ている限りは
彼女の母親が実はいい人なんてことはなさそうです(笑)。

疑問に思ったのは次郎丸さんの処分。
旅館で雇うってそんなアホな(笑)。
女将になにか思惑があるんでしょうかね?
実は何かスペシャルな能力を持ってるのかもしれないな。

そういえば今回は突然お色気描写が入ってて驚きました。
まあイメージでの絵だったのでまだマシか…。
この作品にお色気描写はいらないと思いますけどね。

次回は高校に登校するみたいですね。
お嬢様っぽい新キャラが楽しみです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。