スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第5話
2011年05月04日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第5話「涙の板前慕情」
デレたミンチ登場。
美女の土下座は映える。
ドラマには定番の”勘違い”ってやつですね。
下っ端が集まって騒いでる姿は現実でもよく見る光景です。

今回の民子と第1話の考ちゃんの姿がダブリます。
想い人と離れたくないという気持ちは同じ。
悩む民子を見て緒花は考ちゃんの気持ちを少しは理解できたかな?
できたからこそ飾らない素直なメールを送れたのだと思います。
やっぱり自分のことを気にかけてくれる人に感謝を伝えることは大切です。
気にかけてくれること自体がものすごい確率ですからね。
緒花が考ちゃんにどんな感情を抱いているかはイマイチ不明ですが
考ちゃんが緒花を訪ねてきた時に新しい展開がありそうです。
それが修羅場になる可能性は高そうですけどね(笑)

板前の徹さん。
見た目だけでなく性格もイケメンで文句なし。
そりゃあ民子が惚れてしまうのも無理はないです。
面白かったのは彼の”人の鼻をつねる”というアクション。
民子と緒花に対して同じことをやってるんですよね。
民子の板前になりたいという強い気持ちを感じた時。
自分を引き止めようと行動した緒花の気持ちを感じた時。
彼の中の”ちょっと特別な枠”に入った証明となる動きなのかもしれません。
当然1年?のアドバンテージのある民子がリード中なのでしょうけど
自分のために行動してくれた緒花はポイント高いでしょうね。
考ちゃんを含めたこの4人で色恋沙汰が起こりそうな予感。
そのうち次郎丸の鼻もつねってくれると面白いんだけどね(笑)。

あとはぼんぼり祭りの存在と女将同士の関係がわかってきました。
考ちゃんは祭りにあわせて来訪って感じなのかな。
女将同士は仲が良さげに見えるけどはたして…。
板前を助っ人に行かせるくらいだから敵対ってほどではないでしょう。
やはり孫の代での代理戦争が起きそうだ。
結名が”旅館のことは我関せず”みたいな子だから
緒花の旅館を思っての行動を福屋の女将はプラス評価してるかも。
結名がどの程度の旅館仕事をやっているのか知りたいな。


徐々に各キャラの背景がわかってきました。
板前・仲居になった理由とかも描いて欲しいと思います。
渋い親父・蓮さんの過去が面白そうな予感がします。
来週は緒花に初給料が出るみたいですね。
カイジみたいに豪遊したら面白いけど(笑)。
一昔前の風貌のコンサルも登場するみたい。
次郎丸を雇ったことに絶対文句言いそうだな~。
緒花との衝突を期待します。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。