スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第6話
2011年05月12日 (木) | 編集 |
花咲くいろは 第6話「Nothing Venture Nothing Win」
チャイナ服の仲居は見た目的にも老舗旅館的にもヤバイ(笑)。
豆爺の過去がすごく知りたくなってきた。
新キャラの経営コンサル・川尻崇子
てっきり有能キャラだと思ってましたがそうでもない様子。
祭りのアドバイスはまだしも今回のコスプレはさすがに”ない”でしょ(笑)。
旅館って雰囲気を味わう場所でもあると思うから
あんな格好でもてなされても冷めてしまうと思います。
まだ川尻は喜翠荘のことをよくわからないままアドバイスしてる感じですね。
小手先だけで繁盛させようとしても一時のブームにしかなりませんし…。
歴史って作ろうと思っても簡単に作れない武器なんだから
それを捨て去るような舵取りは下手したら命取りになります。
どうもあのキャラからして次郎丸と同じパターンになりそうな気も。
まあもう出てこなくてもいい気もしますけど
違った目線で見られる人物も1人は必要なのかなとも思います。
とりあえず髪型を変えてください(笑)。

”深刻な経営難”という要素が出てきました。
その辺も今後掘り下げていくんでしょうかね?
緒花の性格を考えれば突拍子もないことをやりそうで面白いかも(笑)。
1つ気になるのは女将があまり口を出してこないこと
どうも本気で旅館の経営を立て直そうとしてるようには見えません。
年齢を考えておそらく若い奴らにまかせようとしてるんでしょうね。
加えて情熱を持って旅館を良くしようとする者を待っている感じなのかな。
だから一から十まで教えるようなことはせず”放任主義”
この血筋の大きな特徴ですね(割を食って縁がかわいそうな感じですが…)。
がむしゃらな熱意という意味では緒花はドンピシャです。
ある意味女将にとって緒花は待ち焦がれた人材なのかもしれません。
突っ走る緒花を女将がフォローするような展開もあるのかな?
そんな展開なら緒花の成長する姿が楽しめそうで良いのですがね~。


あとは徹の目線がどこを向いていたのか気になります。
流れ的には緒花なんだろうけど巴さんルートもないとは言えないはず(笑)。
次回はその仲居頭の巴さん回っぽいです。
なかなかに面白キャラなので楽しみだな~。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。