スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アランウェイク
2011年05月17日 (火) | 編集 |
難易度ノーマルでクリアー。
ホラーテイストのストーリーが自分好みでとても楽しめました。
特に道中で入手する原稿がシナリオと上手く噛み合っていました。
キャラの行動の理由付けやこれから進むべき道を示してくれたりして
最初は断片的な情報が徐々に繋がっていくところが面白かった。
明るい仲間、真面目な仲間、とお約束もしっかりしてましたしね(笑)。

アクション部分はシンプルな仕様。
敵の闇バリアーを光で剥がしてから攻撃。
武器類は豊富なので弾切れは一度もなし。
サクサク進む反面、終盤は単調な戦闘に飽きてしまいましたけどね…。
ストーリーと雰囲気を楽しむゲームとしてなら丁度いいくらいかな。

大きな不満点としては敵の無限湧きとマップの広さ。
目的地に一直線ならば特に気にしなくてもいいことですが
原稿等を探そうとするとこの2つの問題がストレスを増大させます。
マップの端まで行って何もなかった直後に敵が湧いた時はイラっときます。
終盤はもう耐えられなくなって原稿集めも放棄しちゃいました。
ストーリーメインのゲームなら原稿だけは必ず通る所に置いて欲しかった。


個人的には満足できる面白さでした。
難しくないのでPV等を見て雰囲気が好みの人なら楽しめると思います。

最高難易度でしか入手できない原稿があるみたいなので
とりあえず次は原稿集めをメインでプレイしてみようかな。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。