スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第8話
2011年05月25日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第8話「走り出す」
緒花ちゃんがいろんな意味で走り出しましたね~。
蓮さんのヘタレっぷりが予想以上に面白かった。
バカと天才は紙一重。
女将が倒れて船頭がいない状況で飛び出す緒花のKY。
エセコンサルを黙らせるシーンは”若女将”って感じです。
立場では上の人達の前で自分の意見を言い切れる強さは
KYというより頼もしいリーダーのように映りました。
この辺は緒花の持つ天性の良さなんでしょう。
今回はそんな彼女の良さが存分に出てましたね。

そして女将リタイア、蓮さんチキン状態での対策会議。
このシーンでの子供と大人の考え方の違いが面白かったです。
人員不足の中でも高い理想を追い求める緒花と民子。
どこかを削って乗り切ろうとする大人連中。
緒花と民子の行動は実に社会人経験の浅さが出てました。
だって休みの人間を呼び出すなんて割りと最終手段でしょ(笑)。
余程の状況でなければ優先順位の低いものを削って対応すると思います。
でもサービス業だと普通のことだったりするのかな?
どちらにしてもこの判断は大人連中にとっては盲点だったようですね。
私としては「頼れるなら頼っちゃえば」というタイプなので
正しいかは別にして子供組の考え自体は好感が持てます。
それに”仲間なら助け合うのが当然じゃん!”って熱さも好きですから(笑)。
自分が思うよりちょっとだけ優しい世界は大好きです。

う~む…と思ったところは1つ。
緒花の”女将さんなんです!喜翠荘なんです!”というシーン。
女将の考えを理解するほど指導されてたっけ?
そんなシーンがみっちりあったなら緒花の発言の説得力が増すんだけど
そうじゃないから手帳だけで感化されたように思えてしまいました。

あと酷かったのは番頭の縁とコンサル。
まあ配布方法をしっかり考えれば無料宿泊券は有りだろうけど
えこひいきはさすがに安易な考えすぎると思う。
特別扱いをして雑誌に載ってもそこから得られた客は同じサービスを望むはず。
ハードルが上がって結果的に客に満足してもらえなかったら意味ないですよ。
どうもこのコンサルは目先の利益だけを求めてるように感じますね。
喜翠荘を安く転売しようとしてるのかと勘繰ってしまった。
縁は縁で考えなしに客を受けるし…。
女将の考えを一番理解してなきゃいけないのは君のはずなのにね。
ふー、カッコイイ大人が見たいです…。


今回はとても面白かった。
後半の緒花の勢いがとにかくすごかった。
次は大人達のカッコいい所を見せて欲しいな~。
若者が突っ走るなら大人が裏でフォローしてやってくれ。
具体的には緒花が戻るまでの修羅場を大人な方法で乗り切って欲しい。
特に縁、こいつは次回頑張らなかったら見捨てます(笑)。
そういう意味でも次回がとても楽しみです。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。