スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガリー・ネビル引退
2011年05月28日 (土) | 編集 |
大好きな選手がまた一人引退しました。
楽しみが1つ減って新たな楽しみが1つ増える。


私が海外サッカーを見始めたのは1998/1999シーズン。
マンUが欧州CL・プレミアリーグ・FA杯の3冠を達成したシーズンです。
これ以降はマンUが海外では一番好きなクラブになりました。
そのマンUの不動の右サイドバックだったのがガリー・ネビル
特別派手なプレーが出来る選手ではありません。
でもプレーの安定感は抜群でオーバーラップのタイミングは秀逸。
右サイドのベッカムとのコンビも阿吽の呼吸でした。
キャプテンマークを付けて先頭で入場してくる姿はカッコよかったな~。

↓ガリー・ネビルの好プレイ集
http://www.youtube.com/watch?v=xLS0VRDzUew

ユース出身でキャプテン。マンU一筋19年。
こんな選手は本当に希少。
ギグス、スコールズと共に代えの利かない”クラブの魂”です。
これらの選手がいることもマンUが強さを保っている理由のひとつなのでしょう。
もし私の最も好きなグランパスにもこんな選手がいたとしたら
確実に引退する時に泣いてしまうと思いますよ。
(吉田麻也がそうなってくれると期待していたけど…)

残るギグス、スコールズも来年、再来年には引退するでしょう。
一時代を築いた選手達が引退するのは寂しさを感じますが
サッカー界の違ったポジションで活躍してくれることを待ちたいです。
「あいつは現役時代は○○だったんだ」と雑談するのが楽しみだ。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。