スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第14話
2011年07月06日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」
緒花・民子・菜子は修学旅行へ。
残された巴さんが過労死する姿が目に浮かぶ(笑)。
2クール目がスタートということで記念の水着回。
徹さん以外には肌を見せません!的な民子は現代では希少種。
それぞれイメージに合った水着で似合ってましたね。
菜子の競泳水着は逆にヤバさが際立ってる気がします(笑)。

今回はこれまで影の薄かった結名にスポットが当たってました。
これまでやたらとフワフワした感じで掴み所のなかった結名ですが
ここで彼女の気持ちの一部分がわかりましたね。
「やりたいことの中に旅館の仕事はない」ということ。
しっかりと許婚に自分の意思を答えたことは好感が持てます。
結名の”やりたいこと”が物語の今後に関わってきたりするのかな?
それにしてもあの許婚君はカッコイイところがなかったな…。
結名の婆ちゃんにすぐ電話で問い詰めそうな感じだ。
「マニュアル通りにやってくれなきゃ困るよ!」って(笑)。

さて緒花。
他所様の旅館を見て勉強しようとかなり前向きです。
学ぶことリストなんてものまで書いてるし。
でも旅館の規模の違いに驚くと共に”なにか違う”と感じたようです。
番頭と仲居の仲が悪く仲間意識の薄い旅館。
客のことを第一に考えない仲居。
大規模旅館だからこその経営的な判断。
喜翠荘と逆の方向性だから無理もありません。
緒花が欲している”人とのつながり”が希薄ですからね。
まあ番頭に特攻しなかったのは成長の証かな(笑)。

今回こういった大規模旅館の話を入れてきたということは
2クール目は”温泉街vsリゾートホテル”みたいな展開もありそう?


次回も修学旅行編のようです。
結名のやりたいことがわかったりするのかな?
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。