スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第21話
2011年08月24日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第21話「蘇る、死ね」
今回の死ね!は気持ちが入ってたな~(笑)。
喜翠荘創業メンバーの3人の関係はいいですね。
縁と崇子が結婚て…突然すぎるだろ~。
てか映画詐欺の件はどうなったのよ?
まさかこのままスルーするつもりなんだろうか。

この結婚絡みで緒花-徹-民子の関係に動きがありましたね。
徹と民子がいい感じになると緒花の姿がチラチラと出てきて邪魔をする。
民子が緒花を意識しすぎてるだけなんですけどねぇ。
それにしても怒った民子は飛びきり可愛いな、苛めたくなる(笑)。

さて、今回のハイライトはラストの女将。
縁&崇子に喜翠荘を継がせるつもりはないとのこと。
今回の内容からすると単に能力不足だからダメというわけでもなさそう。
おそらく”喜翠荘”という名前は現女将の代で終わらせるってことなのかな?
旅館名の由来の話もこのタイミングで出てきましたから。
冒頭の豆爺は業務日誌を出してきたことから隠居コースかな?
少し前に息子さんがいるってのが突然出てきたのも
退職して息子の所で老後を過ごすってことなのかもしれません。
”喜翠荘”の歴史を作り上げてきた3人がいなくなる。
タイミングとしてはおかしくないでしょうね。
まあ歴史を捨てるってのは勿体無いと思いますが…。

ただ、
そんなことになれば黙っていないのが緒花のはず。
喜翠荘に自分の居場所を見つけたばかりですからね。
これを機会に従業員が団結していく感じで展開するのかな?
どんな終わり方になるのか楽しみになってきた(笑)。
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。