スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花咲くいろは 第26話
2011年09月28日 (水) | 編集 |
花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」
絵は最後までとても綺麗でしたね。
本当に喜翠荘を閉めるという驚きはありましたけど
最終回はさすがに綺麗に終わらせてきましたね。
女将が緒花に業務日誌を渡すのはやり過ぎな気もしましたが。
それぞれが新しい自分の道を歩んでいくシーンが良かったです。

さて、
最終回ということで全話見終わった感想を少し。

結局何がやりたいのかよくわからない作品だった…。

まあ私の頭が足りてないかもしれないですけどね。
緒花が大切なものと将来の目標を見つけたって感じなのかな?
最悪だったのは”なあなあで済ませた部分が多すぎる”こと。
大事な場面でも造語を使う、旅館の内情をキッチリ描かない。
経営危機と騒いでも従業員は一発逆転しか狙わず、
小さなことをコツコツとやろうともしないのには正直呆れた。
旅館を舞台にしたことを全く活かさなかったことも手伝って
そこら辺にある平凡な作品になってしまったな~。
中盤以降は無駄にお色気シーンも増えて残念。
1話で私の感じたことは見事に外れてくれました(笑)。
2クールってこともあってガッカリ感が強く残っちゃいました…。

けいおん!!の時と同じような後味になってしまったなー。
今回は”お仕事アニメ”を期待していたのが原因ですね。
かなり昔のTVドラマ「王様のレストラン」みたいな感じを期待してたんです。
まあちょっと主人公の立場が違いますけどね(笑)。
あんな感じの楽しい傑作にはなりませんでした…。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。