スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォセット
2009年12月14日 (月) | 編集 |
「ショコラ」「パルフェ」「この青空に約束を―」のファンディスクである
「フォセット - Cafe au Le Ciel Bleu -」を土日にプレイ。
収録内容は

・「パルフェ」&「この青空~」のショートストーリー集
・クイズゲーム
・メモリアルモード(各本編インスコ済でイベント等自由観覧)

といった感じのファンディスク。

パルフェのショートストーリーのみ全てプレイ。
5つあるSSの中でも本編と同じライターさんの3作が良かった。

・カトレア記念日
お互いを名前で呼ぶようになった直後の帰り道での玲愛のデレっぷりが楽しめます。
本編では「その帰り道、玲愛は48回も”仁”と呼んだ」という一文のみでしたが、
このSSではその詳しい内容が綴られてます。
デレ全開モードのカトレアさんの破壊力は異常です(笑)

・脱カトレア記念日
カトレアがカトレアでなくなる日。要するに仁と玲愛の結婚式のお話。
「俺の1.5倍惚れてるくせに」と言われて否定しない所が玲愛らしくて良い!
祝電メッセージはいろんなことを想像させてくれてテンションが↓。
それでも直後の仁の新郎挨拶の件でパートナーである玲愛の
仁に対する立ち位置が垣間見えたのでスッキリしました。
里伽子に対抗できるのは玲愛だけだと再認識。

・里伽子抄
パルフェの総決算とも言えるラストシナリオ。
恐らく誰もが描いて欲しいと思った里伽子ルートのラストとエピローグを繋ぐお話。
メインキャラ全員が光っていてパルフェのテーマ「家族」が強烈に出てます。

かすり→決めるとこは決めるね
玲愛 →さすがのライバル
明日香→とにかく素直でいい子すぎる
由飛 →株価急上昇しました
恵麻 →あの役目ができるのは恵麻さんしかいません
里伽子→本当に良かったね、としか言えないです

恵麻さんの「危険な賭け」の件は鳥肌立ちました。
それに関連した仁の行動も家族を一番大事にする彼だからこその方法。
本当にちょっとだけ優しい世界が彼らの周りにはあると思えちゃいます。
ラストのOP曲の入り方もベストなタイミング。

里伽子抄クリアー→パルフェ本編「夢に描いた日」へ直行は誰もが通る道。
里伽子抄を見てからだとエピローグの里伽子のセリフの重みが全く違います。
このゲームは何度涙腺を刺激したら気が済むんでしょうかね~。

フォセット買って良かった。
パルフェシナリオだけで元は取った気すらします(笑)

続けて同じ会社・同じライター・同じ絵師の
この青空に約束を―をプレイ中です。
評判の良い作品らしいので期待してます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。